知育教材

Oxford「Everybody UP」- 英語で他教科を学ぶ!Online Practiceで4技能をカバー

英語教材「Everybody Up」
ちー太
ちー太
オンライン英会話を選ぶときに気になるのが教材。この教材ですすめて大丈夫なのかなど、色々気になるよね!
ちーたん
ちーたん
Let’s Goと非常によく似た、同じくOxfordの英語教材「Everybody Up」(エブリバディアップ)についてまとめたよ!
ちー太
ちー太
Let’s Goと一緒に学びたくなる教材内容だよ!

Everybody Upは英語で他教科を学ぶ英語教材

Everybody Upは英語以外のテーマ(算数、理科、美術など)と関連付けて学習することで英語学習効果をより高めることができる全7レベルのコースブック。実生活に基づいたストーリーで、礼儀などの道徳も学ぶことできます。フォニックスも勿論学びます。

また、レベル5と6は、ケンブリッジ英検YLE(=児童英検)などの試験対策に必要なスキルが強化できるよう構成されており、レベル5と6が英検2級(=CEFRのB1レベル)相当になります。
Oxford Discoverがレベル4〜5で英検2級なので、Oxford Discoverよりやや易しめ。

同じくOxfordの子ども向け英語教材Let’s Goと違うのは「英語で他教科を学ぶ」ところ。

Oxfordの子ども向けテキストの難易度を比較すると、

Let’s GoEverybody UpOxford Discover

の順で難しくなります。

オンライン英会話でも、最近はただ英語で日常会話をするだけではなく、英語で学ぶ「イマージョン教育」を取り入れているところもあります。
Global Step Academy(グローバルステップアカデミー)やCambly Kids(キャンブリーキッズ)などは、カリキュラムに英語で他教科を学ぶことを含め、インターナショナルスクールに近い授業をオンラインで実施しています。
英語教室やスクール、オンライン英会話だとmytutor(マイチューター)などがこのEverybody Upを使用しています。

家庭学習にも配慮、保護者も安心

生徒用、先生用とテキストが分かれており、オンラインのワークブックもあります。
また、保護者には教材についての取り組み方などもまとめており、家庭学習も進めやすいよう配慮されています。
こちらのサイトの「Parent Guides」では、各テキストの進め方が細かく記載されています。

Everybody Up公式コンテンツが豊富

英語教材「Everybody Up」(公式サイト:Everybody Up
そして「Everybody Up」も「Let’s Go」と同じく、公式のオンラインコンテンツが豊富で全て無料と充実した内容となっています。

ちーたん
ちーたん
Let’s GoもEverybody Upも公式サイトが充実していているよ!
ちー太
ちー太
音声辞書や歌やチャンツ、動画やミニゲームまで無料で使えるというのが良いね!
ぽぽなん
ぽぽなん
学習の補助としてここまで揃っていると親のフォローが少なくてすむので助かります。

例えば動画。
とても重いですが…(ダウンロードして視聴するのがおすすめ。)

こちらはレベル1の動画一覧。

英語教材「Everybody Up」動画
こちらはレベル6。2ケタの足し算や人体まで!

英語教材「Everybody Up」動画

Oxford Reading Tree「Explore with Biff, Chip, and Kipper」シリーズのノンフィクション絵本のような動画が、無料で見ることができ学習できます。

Oxford Reading Tree「Explore with Biff, Chip, and Kipper」
【ORT新シリーズ】Oxford Reading Tree「Explore」はノンフィクション絵本もセットOxford Reading Tree「Explore with Biff, Chip, and Kipper」は、同じテーマ(自然、地理、科学、歴史、芸術など)をフィクションとノンフィクションで読むユニークな構成の絵本。子どもが本の隅々まで興味を持ってもらえるような工夫がたくさん絵本の中に詰まっています。...

Let’s Goではアニメーション動画なので印象がずいぶん違います。
また、動画の内容が自然・理科・美術など多岐にわたり、動画を見ながら知識とボキャブラリー両方増やすことができます。

Everybody Upにはオンラインで練習できるワークブックがある

オンラインで練習問題ができるワークブック「Online Practice」があります。
こちらは「Everybody Up 2nd Edition Starter Workbook with Online Practice」 というオンライン練習版付きワークブックの購入が必要。
冊子にアクセスキーが記載されており、サイトへアクセスするとオンライン上でも学習ができるようになります。

練習問題は4技能(=読む・聞く・書く・話す)の要素が入っています。

英語教材「Everybody Up」
ただし、書くのはタイピングになるため幼児だと難しそう…。幼児が取り組むならマウス操作とタイピングの練習も少しやっておいた方が良さそうです。
小学生からだと使いこなせそうな印象です。

テキストの内容を確実に身につけるには、このくらいしっかりした練習問題があると助かります。Let’s Goも欲しいところ。

Everybody UpとLet’s Go両方学ぶことで相乗効果

Let’s Goは就園前の幼児から小中学生までの子どもを対象とした8レベルで構成。
Everybody Upはアメリカ英語の5〜12歳を対象とした7レベルで構成されており、Let’s Goと構成も似ています。

まとめ
  • Let’s Goは日常生活の英会話
  • Everybody Upは英語で英語以外の教科を学習

両方を一緒に学習進めるのはもちろん大変…
どちらかをオンライン英会話などで勉強している場合は、もう片方のオンラインコンテンツで動画を見たりミニゲームするなど少しずつ触れさせてみるとより英語学習が深まるのではと思います。

英語教材 Let's Go
英語教材Let's Go(レッツゴー)の使い方 - 無料の音声辞書・歌・動画・ゲームで学習効果UP!幼児から小中学生を対象とし、EFL=第二外国語習得に適した英語教材・オンライン英会話テキスト「Let’s Go」。公式では歌・チャンツ・動画やミニゲームも充実!「Let’s Go」の内容は?英検に役立つの?音声や動画はどこで見ることができるの?などまとめました。...
ちー太
ちー太
Everybody Upの動画はおすすめ!
ちーたん
ちーたん
Everybody UpとLet’s Go、両方のいいとこ取りをしたいね
RELATED POST